四位洋文騎手 特徴・傾向・狙い目【過去10年】

四位洋文騎手 代表馬

イシノサンデー(1996年:皐月賞)
ダンスパートナー(1996年:エリザベス女王杯)
シンコウフォレスト(1998年:高松宮記念)
アグネスデジタル(2001年:天皇賞・秋、2002年:フェブラリーS、2003年:安田記念)
ヤマニンシュクル(2003年:阪神ジュベナイルF)
ウォッカ(2006年:阪神ジュベナイルF、2007年:東京優駿)
アサクサキングス(2007年:菊花賞)
ディープスカイ(2008年:NHKマイルC、東京優駿)
レッドディザイア(2009年:秋華賞)
キンシャサノキセキ(2010年:高松宮記念)
サトノアレス(2016年:朝日フューチュリティ)

基本データ

1番人気の勝率は約30%と平均的、複勝率も60%と信頼度はやや高め。

勝率は多少ダートの方がやや高い。

競馬場傾向

京都、阪神は騎乗回数1000回以上。

福島、新潟、中山、中京、小倉は騎乗回数が100回に満たない。

人気

1番人気から5番人気までは順当な結果。

複勝率に関しても11番人気まで順当。騎乗する馬質次第で決めるべきである。

得意脚質

若干、逃げの勝率が高くなっている。

先行、マクリも勝率にあまり差は無い。マクリの騎乗数は少ない。

逃げ、先行、マクリ共に複勝率40%

重賞・クラス

過去10年で見ると、G1レースでの勝ち実績はない。

新馬戦が得意な傾向がある。単勝回収率も約80%と高めである。

年齢・ハンデ

条件による勝率の変動は少ない。

重賞の勝率が低いことから、馬質次第では割引が必要。

馬券のポイント

1番人気の信頼度は平均的な数値である。

重賞の成績に注意。

複勝率90%越え 本日の鉄板君&編集部の重賞最終見解(無料メルマガ)

AI(人工知能)がデータから導き出す最終見解はこちらから

最新実績
宝塚記念 ◎ノーブルマーズ
複勝 790円
CBC賞 ◎セカンドテーブル
複勝 390円
函館条件 ◎ザベストエバー
複勝 410円

毎週土曜日Youtubeにて穴馬配信中
絶好調競馬AIの重賞データ分析が無料

サンプルデータ

新馬戦の有力馬やプレゼント企画など

お得な情報が配信される公式ライン@はこちらから

おすすめの記事