ワークフォース産駒特徴

代表産駒

アドマイヤウイナー(2014年産)
ゴールドケープ(2014年産)
ダイワダッチェス(2013年産)
ダノンアローダ(2013年産)
クィーンズベスト(2013年産)

基本データ

リーディングランキング

産駒デビュー後調子よく順位を上げるが、16年以降横ばい状態。

適正

圧倒的に芝の適性。

芝重でも十分に能力を発揮できる。

産駒傾向

とてもバランスがいい。ややスピードが劣るか?

距離別

どの距離も無難にこなすが、1500mの成績が優秀。

1400mから2000mあたりが狙い目だろう、ただ2600mも走ってるので要注意!

ダート

適性がもろに出る形、芝より苦戦傾向。

コース別

札幌、函館が好走傾向。

中山競馬場が苦戦傾向にある。

ダート

芝に比べると得意とする競馬場はない。

函館が勝率14%複勝率33%と走る傾向にある。

得意コース

東京芝2400m
札幌芝2600m
東京芝1400m
福島芝1200m

人気別

1番人気、2番人気の信頼度は高い。

人気薄の好走はあまり期待できない。

年齢別

4歳、5歳が総合的にいい成績のため、晩成馬としての期待ができる。

ダート

若い年齢の時に好成績を収めている。

芝とは反対に早熟馬として期待ができる。

5歳以上で芝に転向した馬は古馬として活躍が期待できる可能性あり。

性別

牡馬・セン馬

勝率は2歳、複勝率は4歳。

5歳は勝利ないので割引必要。

牝馬

牡馬に比べると、牝馬のほうが好走傾向。

4歳、5歳馬の成績が優秀。

馬場状態

馬場が渋るほうが好走傾向。

芝重の馬場なら複勝圏内の期待ができる。

ダート

芝同様に、馬場が渋るほうが好走傾向。

特に重馬場の成績が魅力的。

期間別休み明け戦歴

連闘での使用の場合を狙ってみるのも面白い。

休み明け5戦目は要注意。

ダート

間隔による不利有利はなし。

クラス

1000万以下で活躍が目立つ。

重賞も勝利はない中、複勝圏内はマークしているので今後に期待。

ダート

ダートでの活躍は目立たない。

1600万以下はまだ産駒が新しく1頭のみなので、信頼度は低い。

得意重賞(過去10年)

データなし。

不得意重賞(過去10年)

データなし。

得意騎手

武豊騎手の成績が良い。

戸崎騎手の複勝率が54%と注目。

※10走以上を条件にデータを作成。

ダート

北村騎手、デムーロ騎手の成績が優秀。

※10走以上を条件にデータを作成。

ワークフォース産駒・特徴 傾向 狙い目

圧倒的に芝適正。

芝1000万以下好走傾向。

複勝率90%越え 本日の鉄板君&編集部の重賞最終見解(無料メルマガ)

AI(人工知能)がデータから導き出す最終見解はこちらから

最新実績
宝塚記念 ◎ノーブルマーズ
複勝 790円
CBC賞 ◎セカンドテーブル
複勝 390円
函館条件 ◎ザベストエバー
複勝 410円

毎週土曜日Youtubeにて穴馬配信中
絶好調競馬AIの重賞データ分析が無料

サンプルデータ

新馬戦の有力馬やプレゼント企画など

お得な情報が配信される公式ライン@はこちらから

おすすめの記事