武豊騎手 特徴・傾向・狙い目【過去10年】

 

武豊騎手 代表馬

スーパークリーク (1988年:菊花賞、1989年:天皇賞・春・秋)
シャダイカグラ (1989年:桜花賞)
イナリワン (1989年:天皇賞・春、宝塚記念)
オグリキャップ (1990年:安田記念、有馬記念)
バンブーメモリー (1990年:スプリンターズS)
メジロマックイーン (1991年:1992年天皇賞・春、1993年:宝塚記念)
ベガ (1993年:桜花賞、優駿牝馬)
ナリタタイシン 1993年:皐月賞)
オグリローマン (1994年:桜花賞)
ヤマニンパラダイス (1994年:阪神3歳牝馬)
ハートレイク (1995年:安田記念)
ダンスパートナー (1995年:優駿牝馬)
エアグルーヴ (1996年:優駿牝馬)
ダンスインザダーク (1996年:菊花賞)
シーキングザパール (1997年:NHKマイルC)
マーベラスサンデー (1997年:宝塚記念)
ファレノプシス (1998年:桜花賞)
スペシャルウィーク (1998年:東京優駿、1999年天皇賞・春・秋、ジャパンC)
アドマイヤベガ (1999年:東京優駿)
エアシャカール (2000年:皐月賞、菊花賞)
クロフネ (2001年:NHKマイルC、ジャパンCダート)
トゥザグローリー (2001年:エリザベス女王杯)
タニノギムレット (2002年:東京優駿)
ビリーヴ (2002年:スプリンターズS)
ファインモーション (2002年:秋華賞、エリザベス女王杯)
ゴールドアリュール (2003年:フェブラリーS)
アドマイヤグルーヴ (2003年、2004年:エリザベス女王杯)
ダンスインザムード (2004年:桜花賞)
タイムパラドックス (2004年:ジャパンCダート)
アドマイヤマックス (2005年:高松宮記念)
ディープインパクト (2005年:皐月賞、東京優駿、菊花賞、2006年:天皇賞・春、宝塚記念、ジャパンC、有馬記念、)
エアメサイア (2005年:秋華賞)
カネヒキリ (2005年:ジャパンCダート、2006年:フェブラリーS)
ロジック (2006年:NHKマイルC)
スズカフェニックス (2007年:高松宮記念)
メイショウサムソン (2007年:天皇賞・秋)
ヴァーミリオン (2007年:ジャパンCダート、2008年:フェブラリーS)
ウォッカ (2008年:天皇賞・秋、2009年:ヴィクトリアマイル、2009年:安田記念)
ローズキングダム (2010年:ジャパンC)
サダムパテック (2012年:マイルCS)
キズナ (2013年:東京優駿)
トーセンラー (2013年:マイルCS)
コパノリッキー (2015年:フェブラリーS)
キタサンブラック (2016年:天皇賞・春、ジャパンC、2017年:大阪杯、天皇賞・春・秋、有馬記念)

基本データ

1番人気の勝率は30%、複勝率は60%と平均的な数値である。

若干であるが、ダートの方が勝率が高い。

競馬場傾向

主な出走競馬場は、京都・阪神に集中している。

函館は出走回数は少ないが、勝率が高くなっている。

人気

3番人気までの勝率は、60%となっている。

6番人気は5番人気の勝率より、高めになっている。

得意脚質

先行・中団が得意とする馬の出走は多いが、勝率はそれほど高くない。

先行なら勝率高く、なかでもにげ馬なら30%を超える勝率を持っている。

マクリは少ないが、勝率が30%を超えている。

重賞・クラス

重賞は馬質を見極めるべき。

平場開催に得意不得意はない。複勝率も平均で25%位。

年齢・ハンデ

重賞・ハンデ戦・牝馬限定の条件だと勝率は低い。

2歳限定戦に強く、勝率・複勝率ともに、30%近い成績となっている。

馬券のポイント

G3の勝率が約16%と高く、1600万下は複勝率も約27%、単勝回収率は90%を超え高くなっている。

重賞戦・ハンデ戦・牝馬限定戦は勝率が低いが、2歳限定になると30%近い勝率がある。

逃げ馬の勝率は30%を超えている。

複勝率90%越え 本日の鉄板君&編集部の重賞最終見解(無料メルマガ)

AI(人工知能)がデータから導き出す最終見解はこちらから

最新実績
宝塚記念 ◎ノーブルマーズ
複勝 790円
CBC賞 ◎セカンドテーブル
複勝 390円
函館条件 ◎ザベストエバー
複勝 410円

毎週土曜日Youtubeにて穴馬配信中
絶好調競馬AIの重賞データ分析が無料

サンプルデータ

新馬戦の有力馬やプレゼント企画など

お得な情報が配信される公式ライン@はこちらから

おすすめの記事