スプリングS(G2) 予想・傾向・特徴

過去10年の特徴

コース特徴

過去5年の結果

2018年 3月18日曇・良(13頭)

1着 6枠8番 ステルヴィオ  1番人気
牡馬3歳 斤量56 C.ルメール騎手
2着 4枠5番 エポカドーロ  3番人気
牡馬3歳 斤量56 戸崎圭太騎手
3着 8枠12番 マイネルファンロン  6番人気
牡馬3歳 斤量56 柴田大和騎手

2017年 3月19日晴・良(11頭)

1着 8枠10番 ウインブライト  5番人気
牡馬3歳 斤量56 松岡正海騎手
2着 7枠8番 アウトライアーズ  2番人気
牡馬3歳 斤量56 田辺裕信騎手
3着 6枠7番 プラチナヴォイス  6番人気
牡馬3歳 斤量56 和田竜二騎手

2016年 3月20日晴・良(11頭)

1着 1枠1番 マウントロブソン  4番人気
牡馬3歳 斤量56 A.シュタルケ騎手
2着 4枠4番 マイネルハニー  5番人気
牡馬3歳 斤量56 柴田大和騎手
3着 8枠10番 ロードクエスト  1番人気
牡馬3歳 斤量56 池添謙一騎手

2015年 3月22日晴・良(11頭)

1着 1枠1番 キタサンブラック  5番人気
牡馬3歳 斤量56 北村宏司騎手
2着 5枠6番 リアルスティール  1番人気
牡馬3歳 斤量56 福永祐一騎手
3着 3枠3番 ダノンプラチナ  2番人気
牡馬3歳 斤量56 蛯名正義騎手

2014年 3月23日晴・良(15頭)

1着 2枠2番 ロサギガンティア  3番人気
牡馬3歳 斤量56 M.デムーロ騎手
2着 3枠4番 アジアエクスプレス  1番人気
牡馬3歳 斤量56 戸崎圭太騎手
3着 6枠10番 クラリティシチー  4番人気
牡馬3歳 斤量56 内田博幸騎手

人気別期待値(過去9年)

上位人気の信頼度は高い

1番人気 3- 3- 2- 1/ 9
2番人気 1- 1- 2- 5/ 9
3番人気 2- 2- 0- 5/ 9
4番人気 1- 0- 1- 7/ 9
5番人気 2- 1- 0- 6/ 9
6番人気 0- 0- 2- 7/ 9
7番人気 0- 0- 0- 9/ 9
8番人気 0- 1- 0- 8/ 9
9番人気 0- 0- 0- 9/ 9
10番人気 0- 1- 1- 7/ 9
11番人気 0- 0- 1- 8/ 9
12番人気 0- 0- 0- 7/ 7
13番人気 0- 0- 0- 6/ 6
14番人気 0- 0- 0- 5/ 5
15番人気 0- 0- 0- 4/ 4
16番人気 0- 0- 0- 2/ 2

 

頭は5番人気から出ており頭は荒れにくいレース。

2.3着は11番人気まで出てきており、紐は荒れてもおかしくないレースに。

過去5年は馬券内全て当日6番人気以内で決着。

前走着順

前走大敗していると巻き返しは難しい。

きさらぎ賞と共同通信杯1着から4着馬は2-4-1-6に対し5着以下だと0-0-0-12と巻き返せていない

前走G1組は2-1-3-4と安定している

その他は前走500万条件組が4-5-3-27

過去5年で見ると前走500万組は毎年少なくとも1頭は絡んでいる

(18年エポカドーロ15年キタサンブラック)

相性の悪いコースとして中山2000mは0-0-1-15と1番人気のロードクエストのみ。

 

枠番別期待値

内枠がいいように見えるが近年はいまいち

1枠 2- 1- 1- 7/11
2枠 1- 1- 1-10/13
3枠 2- 1- 1-10/14
4枠 0- 3- 0-12/15
5枠 0- 1- 0-15/16
6枠 2- 1- 3-12/18
7枠 0- 1- 0-17/18
8枠 2- 0- 3-13/18

内枠が有利に見えるが、18年では2番人気が、15年では3番人気などが飛んでいる。

枠の大きな不利有利はないとみていいいだろう。

脚質別期待値

好位追走がベスト、後ろすぎると・・・

逃げ 1- 1- 0- 8/ 10
先行 4- 4- 3- 21/ 32
中団 4- 4- 5- 34/ 47
後方 0- 0- 1- 32/ 33
マクリ 0- 0- 0- 1/ 1

前走4角4番手以内6-6-5-48

前走4角5番手以下3-3-4-48と大きく変わるので

前走から先行している馬を狙っていこう。

 

注目血統

大きな不利有利はない

 

注目騎手

大きな不利有利はない

 

短期免許のシュタルケ騎手は1-0-0-1と優勝経験あり。

現在騎乗予定なし2019/03/11

馬体重別成績

460kgから539kg

勝ちは幅広く出ているので大きな不利有利はない。

2019年 スプリングS(G2)まとめ

上位人気の信頼度は高いが紐荒れが起きやすいレース

前走大敗していると巻き返しは厳しい

前走先行している馬を積極的に狙っていこう

おすすめの記事