2018年 シリウスステークス(G3) 予想・傾向・特徴

Youtube

過去10年の特徴

コース特徴

過去5年の結果

2017年9月30日 晴・良

1着 メイショウミトモ 2枠4番 11番人気 古川吉洋騎手
【前走 ラジオ日本賞(OP)12番人気】

2着 ドラゴンバローズ 3枠5番 5番人気 和田竜二騎手
【前走 オークランドRCT(1600万)1番人気】

3着 ビオネロ 7枠13番 3番人気 福永祐一騎手
【前走 エルム(GⅢ)2番人気】

2016年10月1日 晴・稍重

1着 マスクゾロ 1枠1番 1番人気 秋山真一郎騎手
【前走 ジュライS(OP)2番人気

2着 ピオネロ 2枠7番 2番人気 福永祐一騎手
【前走 BSN賞(OP)1番人気】

3着 アポロケンタッキー 7枠9番 和田竜二騎手
【前走 ブリリアントS(OP)1番人気】

2015年10月3日 晴・稍重

1着 アウォーディー 2枠2番 3番人気 武豊騎手
【前走 オークランドRCT(1600万)7番人気】

2着 ダンノリバティ 6枠8番 1番人気 戸崎圭太騎手
【前走 BSN賞(OP)2番人気】

3着 ナムラビクター 3枠3番 2番人気 M.デムーロ騎手
【前走 平安S(GⅢ)2番人気

2014年10月4日 曇・良

1着 クリノスターオー 3枠4番 1番人気 幸英明騎手
【前走 エルムS(GⅢ)5番人気

2着 ナムラビクター 6枠10番 3番人気 小牧太騎手
【前走 平安S(GⅢ)1番人気】

3着 トウシンイーグル 5枠7番7番人気 和田竜二騎手
【前走 阿蘇S(OP)1番人気】

2013年9月28日 晴・良

1着 ケイアイレオーネ 1枠2番 5番人気 幸英明騎手
【前走 レパードS(GⅢ)2番人気】

2着 ナイスミーチュー 7枠13番 3番人気 小牧太騎手
【前走 平安S(GⅢ)7番人気】

3着 グランドシチュー 6枠11番 津村明秀騎手
【前走 エルムS(GⅢ)4番人気】

人気別期待値(過去10年)

1番人気の信頼度はまずまず

1~3番人気の勝率は合計して60%とそこまで高くない。

5番人気が20%、6、11番人気がそれぞれ10%と不人気馬も勝っていることから荒れるレース展開が多い傾向にある。

前走着順

重賞未勝利の5~6歳馬に注目

前走が1600万以下クラスだった馬は【5・1・0・7】。
前走から中4週以内の3~5歳馬なら【5・1・0・3】。
斤量を背負う休み明けの実績馬よりも、オープンクラスを昇級して間もない「若い馬」が活躍。
前走で重賞に出走していた馬は、中2~9週なら【3・1・2・10】。
休み明けで唯一好走するのは、平安S(旧東海S)組【0・4・1・6】。

1~2歳着馬20頭中、重賞勝ちがあったのは9頭で、重賞連対まで広げても11頭。
重賞実績は重要でないとも捉えられるが、この3年の連対馬6頭中、5頭が重賞未勝利馬だったのに対して、2011年~2014年の4年間は連対馬8頭中7頭が重賞勝ち馬という期間がある。
この時期にはリピート好走も頻発した。

それ以前には前走1600万組が連勝した期間もあった。
このようにトレンドが変わりながらループしており、流れ的には2018年は重賞未勝利の5~6歳馬か。

枠番別期待値

 

内枠有利

1枠【3.0.1.11】が勝率で1番高い数値となっている。2枠【2.0.1.12】も1枠に次いで勝率が高い。

7枠が【1.5.2.12】と複勝率40%と高い数値。

脚質別期待値

先行有利

先行馬【4.8.5.20】の複勝率は40%を超えており、過去10年で4勝している。

中団【4.1.3.45】も同じく4勝しているが、頭数が多いため勝率・複勝率は低めだが、単回値は182%と圧倒的

注目血統

大差はない

アドマイヤボス産駒、ジャングルポケット産駒が単複100%になっているが、過去10年に1走しかしていないためデータ数的に期待値は低い。

ウォーエンブレム産駒は【1.1.0.1】、アグネスデジタル産駒は【1.1.0.3】とデータは少なめだが高い複勝率を誇る。

キングカメハメハ産駒【1.3.2.9】多く出走している産駒は勝率1桁台と低めだが、複勝率は40%台と高い数値。複勝に期待が持てる。

注目騎手

大差はない

上位2名は出走回数が低いためノータッチ

武豊騎手【2.0.1.5】幸英明騎手【2.0.0.5】と過去10年で唯一2勝している騎手。

和田竜二騎手【1.2.2.4】と過去9回出場し、複勝率55.6%を誇っている。

馬体重別成績

軽いハンデからの逆転注意

トップハンデは 0-2-3-9

56kg以下が 9-4-5-89

56.5kgから57.5kg 1-5-2-14

56.5以上の馬は過去10年34頭週23頭が中9週以上のローテだった。

重いハンデを背負い、さらに休み明け叩き初戦に使う場合が多くみられる。

 

馬体重別成績

500~539㎏有利

500~519㎏は【5.4.1.29】と過去10年で5勝しており単回値も107%と高い。

520~539㎏は【2.1.2.13】と2勝しているが単回値36%と堅いレースになる傾向。500㎏以上の重量馬は過去8勝していることから、重い馬が有利ということが読み取れる。

年齢別別成績

若い馬が活躍

3歳 2・1・1・9

4歳 2・1・3・16

5歳 4・3・2・32

6歳 2・4・4・26
7歳以上は 0・1・0・28

ダート中距離以上の重賞で、こんなにも7歳以上が苦戦し、3歳が善戦するレースは他にない。

2018年 シリウスステークス(G3) まとめ

重賞未勝利の5~6歳馬に注目

内枠有利、7枠も

500~539㎏の重量馬に要注目

編集部 月曜段階での見解

検討中

◎しばらくお待ちください。

見解

最終見解はこちら配信 本日の鉄板君 & 重賞予想最終見解

ケイタ 月曜段階での見解

コメントタイトル

コメントコメント

最終見解はこちら配信 本日の鉄板君 & 重賞予想最終見解

AI(人工知能)がデータから導き出す最終見解はこちらから

最新実績
宝塚記念 ◎ノーブルマーズ
複勝 790円
CBC賞 ◎セカンドテーブル
複勝 390円
函館条件 ◎ザベストエバー
複勝 410円

毎週土曜日Youtubeにて穴馬配信中
絶好調競馬AIの重賞データ分析が無料

サンプルデータ

新馬戦の有力馬やプレゼント企画など

お得な情報が配信される公式ライン@はこちらから

おすすめの記事