中山グランドJ【G1】 予想・傾向・特徴

過去9年の特徴(2011年のみ距離が10m長い4260mで行われたため除外)

コース特徴

過去5年の結果

2015年にアップトゥデイトがコースレコード勝ち(4:46.4)
だが、2018年にそのアップトゥデイトを大差でなおかつレコード勝ちしたオジュウチョウサンが3連覇(4:43.0)
2019年、オジュウチョウサンが出走予定。4連覇なるか。(障害22戦目)

 

2018年 3月10日晴・良(9頭)

1着 5枠6番 オジュウチョウサン  1番人気
牡馬7歳 斤量63 石神深一騎手
2着 7枠9番 アップトゥデイト  2番人気
牡馬8歳 斤量63 林満明 騎手
3着 3枠3番 ニホンピロバロン  3番人気
牡馬8歳 斤量63 白浜雄造 騎手

2017年 3月11日曇・良(11頭)

1着 8枠12番 オジュウチョウサン  1番人気
牡馬6歳 斤量63 石神深一騎手
2着 4枠5番 サンレイデューク  6番人気
牡馬9歳 斤量63 難波剛健 騎手
3着 5枠6番 アップトゥデイト  2番人気
牡馬7歳 斤量63 林満明 騎手

2016年 4月16日曇・良(10頭)

1着 7枠7番 オジュウチョウサン  2番人気
牡馬5歳 斤量63 石神深一 騎手
2着 2枠2番 サナシオン  1番人気
牡馬7歳 斤量63 西谷誠 騎手
3着 3枠3番 メイショウアラワシ  7番人気
牡馬5歳 斤量63 森一馬 騎手

2015年 4月18日晴・良(15頭)

1着 7枠12番 アップトゥデイト  4番人気
牡馬5歳 斤量63 林満明 騎手
2着 7枠13番 ソンブレロ  5番人気
牡馬5歳 斤量63 高田潤 騎手
3着 4枠7番 サンレイデューク  3番人気
牡馬7歳 斤量63 難波剛健 騎手

2014年 4月19日晴・良(10頭)

1着 5枠5番 アポロマーベリック  1番人気
牡馬5歳 斤量63 五十嵐雄祐騎手
2着 6枠6番 コスモソユーズ  8番人気
牡馬6歳 斤量63 山本康志騎手
3着 4枠4番 メイショウブシドウ  3番人気
牡馬5歳 斤量63 高田潤 騎手

人気別期待値(過去9年)

上位人気は信頼できる

1番人気 【4- 2- 0- 3/ 9】
2番人気 【2- 3- 2- 2/ 9】
3番人気 【0- 0- 4- 5/ 9】
4番人気 【1- 0- 0- 8/ 9】
5番人気 【0- 2- 0- 7/ 9】
6番人気 【0- 1- 0- 8/ 9】
7番人気 【0- 0- 1- 8/ 9】
8番人気 【2- 1- 2- 4/ 9】
9番人気 【0- 0- 0- 9/ 9】
10番人気 【0- 0- 0- 9/ 9】
11番人気 【0- 0- 0- 7/ 7】
12番人気 【0- 0- 0- 7/ 7】
13番人気 【0- 0- 0- 6/ 6】
14番人気 【0- 0- 0- 4/ 4】
15番人気 【0- 0- 0- 3/ 3】
16番人気 【0- 0- 0- 1/ 1】

人気薄(8番人気)で勝った馬の共通点は、
前走ペガサスジャンプSで掲示板外
(2013年の勝ち馬ブラックステアマウンテンは海外馬だった。)

オジュウチョウサンは、
2016年、2番人気
2017年、1番人気
2018年、1番人気

走着順

有力ステップは2レース

ペガサスジャンプS 【4- 2- 4-30/40】 勝率10.0% 複勝率25.0%
阪神スプリングJG2 【3- 6- 4-28/41】 勝率7.3% 複勝率31.7%

近年は、阪神スプリングJの方が有力。
15年、17年は1~3着を独占。
阪神スプリングJが4着以内の場合、【3-6-4-12】と好成績。

オジュウチョウサンは、
2016年、障害4歳上OPで2着の後、中山グランドJ優勝。
2017年、阪神スプリングJ(J.G2)で1着の後、中山グランドJ優勝。
2018年、中山大障害(J.G1)で1着の後、中山グランドJ優勝。

2019年は、阪神スプリングJ(J.G2)で1着の後にこのレース。

枠番別期待値

5枠から外中心

1枠 【0- 0- 0-10/10】
2枠 【0- 1- 0-11/12】
3枠 【0- 0- 3-10/13】
4枠 【0- 1- 3-11/15】
5枠 【2- 2- 3- 9/16】
6枠 【2- 3- 0-11/16】
7枠 【4- 2- 0-12/18】
8枠 【1- 0- 0-17/18】

オジュウチョウサンは、
2016年、7枠
2017年、8枠
2018年、5枠

脚質別期待値

前に行かないと厳しいレース

逃げ 【2- 3- 1- 6/12】
先行 【7- 4- 4-11/26】
中団 【0- 2- 3-37/42】
後方 【0- 0- 0-31/31】
マクリ 【0- 0- 1- 1/ 2】

注目血統

血統の大きな有利不利はない

Imperial Ballet 【1- 0- 0- 0/ 1】
ステイゴールド 【3- 0- 0- 1/ 4】
※3勝全てオジュウチョウサン
オペラハウス 【2- 0- 0- 1/ 3】
アポロキングダム 【1- 0- 0- 1/ 2】
アドマイヤベガ 【1- 0- 1- 3/ 5】
クロフネ 【1- 2- 1- 2/ 6】

注目騎手

大きな有利不利はない

高野容輔 【1- 0- 0- 0/ 1】
石神深一 【3- 0- 0- 2/ 5】
※3勝全てオジュウチョウサン
柴田大知 【1- 0- 0- 1/ 2】
白浜雄造 【1- 0- 1- 1/ 3】
林満明 【1- 1- 1- 3/ 6】
五十嵐雄 【1- 0- 0- 5/ 6】

馬体重別成績

基本的には500㎏以上が狙い目

440~459kg 【0- 0- 1- 9/ 10】
460~479kg 【0- 4- 2- 31/ 37】
480~499kg 【0- 3- 4- 20/ 27】
500~519kg 【6- 1- 1- 20/ 28】
520~539kg 【3- 1- 1- 11/ 16】

斤量別成績

斤量は63㎏から

年齢別成績

5歳馬が最多勝

過去9年で5歳馬が5勝。

2019年 中山グランドJ【G1】まとめ

有力ステップは2レース、阪神スプリングJとペガサスジャンプS

5歳馬が最多勝

馬体重は、基本的には500㎏以上が狙い目

おすすめの記事