*当データは種牡馬・騎手に関して15レース以上を条件にデータを作成しております。

京都競馬場 芝2200m 特徴

内回りコースを使用。通常、阪神競馬場は内馬場が荒れる事が多いので、内枠(特に1枠)はプラス材料ではない。しかし、スタートから最初のコーナーまでの距離が長く、2200m戦ともなると、常に外々を回る馬は皆無。ココでは、内枠の馬が有利となっている。
勝負所の3コーナーから直線途中までが下り坂になっており、過度にスピードがつきやすい。勢いに乗っての外から、もしくはバラけた馬群のインを突いての差しがかなり決まる。
また、約357mと短めだが、残り200mから100mの間に勾配のキツイ急坂が待ち構えている最後の直線も、差しが有利な要因。
荒れ馬場・急坂を2回走るという特徴から、スタミナに富んだパワータイプの馬が狙い目となっている。

京都競馬場 芝2200m 主なレース

・宝塚記念(G1) 3歳以上

京都競馬場 芝2200m 基本データ

馬場が渋ると若干荒れる傾向

人気別回収率

1、2、3番までは人気通り

4番人気以降であっても勝率は高い

脚質別回収率

逃げ・先行有利

枠番別成績




大きな差はない

騎手別期待値


上位騎手は複勝率30%超えで優秀

種牡馬別期待値


上位2頭は複勝率30%超えで優秀

複勝率90%越え 本日の鉄板君&編集部の重賞最終見解(無料メルマガ)

AI(人工知能)がデータから導き出す最終見解はこちらから

最新実績
宝塚記念 ◎ノーブルマーズ
複勝 790円
CBC賞 ◎セカンドテーブル
複勝 390円
函館条件 ◎ザベストエバー
複勝 410円

毎週土曜日Youtubeにて穴馬配信中
絶好調競馬AIの重賞データ分析が無料

サンプルデータ

新馬戦の有力馬やプレゼント企画など

お得な情報が配信される公式ライン@はこちらから

おすすめの記事