グラスワンダー産駒特徴

代表産駒

スクリーンヒーロー(2004年産)
アーネストリー(2005年産)
セイウンワンダー(2006年産)
サクラメガワンダー(2003年産)
ビッグロマンス(2008年産)
ダンシングワンダー(2012年産)
クラウンレガーロ(2010年産)
ウインハートビート(2013年産)

基本データ

リーディングランキング

データなし

適正

データなし

産駒傾向

データなし

距離別

芝ではどの距離もこなせる。中でも2400mから2600mは数字がいい

3600mステイヤーズステークスは100%と年に1回出走していたらチェックしよう

ダート

芝に比べると数値が劣る。

2300mが最も数字がいい、出走馬をチェックしよう

コース別

新馬戦が勝率3%と素直に勝ち上がれない。

最も活躍するのは1000万以下と1600万以下が数値がいい。

ダート

芝のほうが走るだけあり、重賞は未勝利。

馬質次第になるが、1000万以下や1600万以下の複勝率は他と比べると優秀。

得意コース(ベスト5)

データなし。

人気別

3番人気までで勝率65%と人気には応えてくれる。

18番人気まで複勝率はついており、穴などひもにする際は注意しよう。

年齢別

4歳と5歳の成績が優秀で、そこから数値は落ちていく。

4..5歳馬を積極的に狙っていこう。

ダート

芝同様に4.5歳馬の数値が優秀、特に6歳馬

7.8歳馬は割引必要。

性別

牡馬・セン馬

牡馬のほうが走る傾向にある。

2歳から6歳まで大きな数値の変化ない、7歳は割引必要。

牝馬

牡馬に比べると、圧倒的に走らない。

注意して、馬を選ぼう。5歳、7歳の単勝回収値が抜けている。

馬場状態

不良馬場になると勝率が落ちる。

ダート

ダートでは大きく勝率に差はない。ただ、稍重が勝率落ちるので注意したい。

不良馬場の単勝回収値が169%と不良馬場になったら探してみよう。

期間別休み明け戦歴

中3週の成績が優秀、中10週以上になると数値が落ちるので要注意。

休み明け重ねるごとに、勝率は上がっていく。しっかり馬を見極めよう。

ダート

4歳と5歳の成績が優秀で、そこから数値は落ちていく。

休み明けは4戦目が優秀、5戦目が数値が落ちるで要注意、他は変わらず。

クラス

1000万以下、1600万以下、OP特別での活躍が目立つ、特に1600万以下の成績は優秀。

重賞G2、G1の複勝率も40%、42%と他のデータと照らし、狙ってみよう。

ダート

芝に比べると苦戦傾向。

1000万以下が成績が優秀。

得意重賞(過去10年)

データなし。

不得意重賞(過去10年)

データなし。

得意騎手

勝率で抜け出しているのは、岩田騎手、川田騎手、小牧騎手。特に小牧騎手は単勝回収値が247%。

岩田騎手、川田騎手は複勝率も52%と43%と高い数値をマーク。

※40走以上を条件にデータを作成。

ダート

蛯名騎手の数値が優秀。騎乗馬にいないか必ずチェックしよう。

※40走以上を条件にデータを作成。

グラスワンダー産駒・特徴 傾向 狙い目

ダートより、芝のほうが走る。1600万以下は好走傾向。

ダートの蛯名騎手は必ずチェックしよう!

複勝率90%越え 本日の鉄板君&編集部の重賞最終見解(無料メルマガ)

AI(人工知能)がデータから導き出す最終見解はこちらから

最新実績
宝塚記念 ◎ノーブルマーズ
複勝 790円
CBC賞 ◎セカンドテーブル
複勝 390円
函館条件 ◎ザベストエバー
複勝 410円

毎週土曜日Youtubeにて穴馬配信中
絶好調競馬AIの重賞データ分析が無料

サンプルデータ

新馬戦の有力馬やプレゼント企画など

お得な情報が配信される公式ライン@はこちらから

おすすめの記事