アンライバルド産駒特徴

代表産駒

トウショウドラフタ(2013年産)
カブキモノ(2013年産)
フラワープレミア(2014年産)
ブランシュ(2014年産)
サンマルライバル(2014年産)
アドナルシー(2013年産)

基本データ

リーディングランキング

データなし

適正

データなし

産駒傾向

データなし

距離別

父母の適性が影響して、1400mが好走傾向。

スタミナが豊富な血統なため、今後長い距離にも注目したい。

ダート

芝では1400mが好走傾向にあったが、ダートになると1600mが好走する。

ダートのほうが出走数も多いが、走る傾向にある。

コース別

福島、東京、中京に注目したい。

福島に出走していたら、注意したい。

ダート

東京、新潟、中山、札幌に注目したい。

勝ちはないが、複勝率は50%の札幌。単勝回収率が377%の東京。出走馬がいたらチェックしたい。

得意コース(ベスト5)

東京芝1400m
中山ダ1800m
中山ダ1200m
東京ダ1400m

人気別

しっかり、人気になれば応えて走ってくれる。

6番人気以下になると、勝利が少なくなり、伏兵馬として見るのは危険。

年齢別

まだ、始まったばかりの産駒だが2.3歳には勝ちもでてこれからが楽しみな産駒。

5歳馬の複勝率が33%と頭数も少ないが狙ってみるのも面白い。

ダート

芝では勝利のなかった4.5歳馬がダートでは勝利を見せている。

5歳馬の複勝率66%、2歳馬の単勝回収値110%、出走していたらチェックしよう

性別

牡馬・セン馬

4歳馬の勝率は悪いが、2.3歳馬は勝率が上がっている。

牝馬

開催や、距離、などをしっかり踏まえて狙おう。

馬場状態

産駒が新しく、データが少ないが、不良馬場は走る。

基本良馬場を狙う。馬場が渋れば、見学もありだろう。

ダート

芝より、出走数が多いが不良馬場は経験なし。

不良馬場に出走していたら、見学してもいいだろう。

期間別休み明け戦歴

間隔で取り捨て判断するのは難しい。

休み明け、4戦目が勝率16%と、馬次第ではあるが狙ってみよう。

ダート

間隔で取り捨て判断するのは難しい。

中3.4週、特に中3週は勝率10%とダート出れば間隔はチェックしよう!

クラス

産駒が新しいため、上のクラスまで上がれる馬はわずか、

OP特別やG3に出走すれば、ある程度の能力がある証拠。特に、OP特別の複勝を狙うのもいいだろう。

ダート

産駒が新しいため、上のクラスまで上がれる馬はわずか。

得意重賞(過去10年)

データなし。

不得意重賞(過去10年)

データなし。

得意騎手

産駒が新しく、データが少ない。

江田照男騎手が勝率33%、複勝率66%と要注目。新馬戦や500万条件では狙い目。

※3走以上を条件にデータを作成。

ダート

産駒が新しく、データが少ない。

柴田大知騎手、勝率40%、複勝率60%と狙い目。

※3走以上を条件にデータを作成。

アンライバルド産駒・特徴 傾向 狙い目

芝なら1400mダートなら1600mを狙おう。

新しい産駒なので、しっかり見て買おう!

複勝率90%越え 本日の鉄板君&編集部の重賞最終見解(無料メルマガ)

AI(人工知能)がデータから導き出す最終見解はこちらから

最新実績
宝塚記念 ◎ノーブルマーズ
複勝 790円
CBC賞 ◎セカンドテーブル
複勝 390円
函館条件 ◎ザベストエバー
複勝 410円

毎週土曜日Youtubeにて穴馬配信中
絶好調競馬AIの重賞データ分析が無料

サンプルデータ

新馬戦の有力馬やプレゼント企画など

お得な情報が配信される公式ライン@はこちらから

おすすめの記事