阪神大賞典(G2) 予想・傾向・特徴

過去10年の特徴

コース特徴

 

過去5年の結果

2018年 3月18日曇・良(11頭)

1着 6枠7番 レインボーライン  3番人気
牡馬5歳 斤量56 岩田康誠騎手
2着 6枠6番 サトノクロニクル  4番人気
牡馬4歳 斤量55 川田将雅騎手
3着 7枠8番 クリンチャー  1番人気
牡馬4歳 斤量56 武豊騎手

2017年 3月19日晴・良(10頭)

1着 8枠9番 サトノダイヤモンド  1番人気
牡馬4歳 斤量57 C.ルメール騎手
2着 3枠3番 シュヴァルグラン  2番人気
牡馬5歳 斤量57 福永祐一騎手
3着 4枠4番 トーセンバジル  5番人気
牡馬5歳 斤量56 四位洋文騎手

2016年 3月20日晴・良(11頭)

1着 8枠11番 シュヴァルグラン  1番人気
牡馬4歳 斤量55 福永祐一騎手
2着 6枠6番 タンタアレグリア  4番人気
牡馬4歳 斤量55 蛯名正義騎手
3着 2枠2番 アドマイヤデウス  3番人気
牡馬5歳 斤量57 岩田康誠騎手

2015年 3月22日晴・良(10頭)

1着 7枠8番 ゴールドシップ  1番人気
牡馬6歳 斤量58 岩田康誠騎手
2着 2枠2番 デニムアンドルビー  7番人気
牝馬5歳 斤量54 浜中俊騎手
3着 1枠1番 ラストインパクト  2番人気
牡馬5歳 斤量57 菱田裕二騎手

2014年 3月23日晴・良(9頭)

1着 1枠1番 ゴールドシップ  1番人気
牡馬5歳 斤量58 岩田康誠騎手
2着 8枠8番 アドマイヤラクティ  5番人気
牡馬6歳 斤量56 四位洋文騎手
3着 2枠2番 バンデ  3番人気
牡馬4歳 斤量55 松田大作騎手

人気別期待値(過去10年)

1番人気上位人気の信頼度は高い

1番人気 5- 2- 2- 1/ 10
2番人気 1- 1- 1- 7/ 10
3番人気 3- 1- 2- 4/ 10
4番人気 0- 3- 1- 6/ 10
5番人気 1- 1- 3- 5/ 10
6番人気 0- 1- 1- 8/ 10
7番人気 0- 1- 0- 9/ 10
8番人気 0- 0- 0- 10/ 10
9番人気 0- 0- 0- 10/ 10
10番人気 0- 0- 0- 8/ 8
11番人気 0- 0- 0- 6/ 6
12番人気 0- 0- 0- 4/ 4
13番人気 0- 0- 0- 2/ 2
14番人気 0- 0- 0- 1/ 1

 

比較的少頭数になりやすく、人気通りに決まりやすく波乱は少ないレース

たが、2番人気が1-1-1-7と飛ぶことが多いので要注意

また3番人気は単勝回収率244%とダントツで抜けている。

前走着順

前走重賞組が独占状態、巻き返しは前走G1G2組が中心

前走G1組は4-5-2-10で

そのほとんどが有馬記念組4-5-1-6

前走G2組は4-1-4-20/前走G3組は2-2-2-25と

前走重賞組が独占状態、さらに前走G3組の3着6頭は全てダイヤモンドS組

有馬記念【4-5-1-6】
ダイヤモンドS【2-2-2-21】
日経新春杯【2-1-2-6】
京都記念【1-0-2-8】
AJCC【1-0-0-3】

 

また前走2000m以下になると0-0-0-14と不振。

枠番別期待値

枠の不利有利はない

1枠 2- 0- 1- 7/10
2枠 0- 2- 2- 6/10
3枠 1- 1- 1- 9/12
4枠 0- 1- 1-10/12
5枠 0- 0- 1-13/14
6枠 2- 4- 1- 9/16
7枠 2- 0- 2-13/17
8枠 3- 2- 1-14/20

 

内枠外枠に勝利がわかれているが大きな不利有利はない

過去10年で4-5枠に3番人気以内の馬が入ったことがないだけで

人気どおりに決着しやすいレースなことを枠でも見て取れる。

脚質別期待値

脚質より、スタミナ

逃げ 0- 0- 2- 8/ 10
先行 6- 5- 3- 22/ 36
中団 1- 4- 3- 22/ 30
後方 0- 0- 2- 29/ 31
マクリ 3- 1- 0- 0/ 4

 

3角から4角にかけてロングスパートをかけていく展開がほとんど

スタミナが切れた、バテた馬から後方に置いていかれるので脚質は関係ない。

前走上がり3Fが上位の馬が狙い目

1位【2-3-1-5】
2~3位【4-1-3-15】
4~5位【3-4-3-12】
6位以下【1-2-3-42】

6位以下になると不振傾向。

注目血統

圧倒的ステイゴールド産駒

ステイゴールド、ハーツクライ長距離適正がある馬が優秀。

注目騎手

※画像準備中

岩田康誠騎手過去3勝

岩田康誠騎手が3-0-1-3

ゴールドシップ2勝とレインボーラインで1勝勝利したのは全てステイゴールド産駒

今回騎乗予定の馬は同じ長距離適正のあるハーツクライ産駒

馬体重別成績

440kgから519kgまで

520kgを超えてしまうと過去10年で馬券になった馬は1頭のみ

当日の馬体重には十分注意しよう。

斤量別期待値

大きな不利有利はない

57.5kg以上で勝ちがあるのは

斤量58kgで3-0-0-7と勝つか負けるかの成績になっている。

年齢別期待値

圧倒的に若い方が高齢でも好走可能

7歳以上で勝った1頭3着の2頭は阪神大賞典を含めて3000m以上での重賞勝利があった

長距離界のベテランだった。

 

今年の登録は全て6歳以上となっているので7.8歳の好走に注意したい。

2019年 阪神大賞典(G2)まとめ

1番人気上位人気の信頼度は抜群

馬券は前走重賞組が独占状態、前走敗れていてもG1G2なら巻き返し可能

7.8歳馬は長距離重賞の実績があれば好走可能

おすすめの記事