当データは種牡馬・騎手に関して50レース以上を条件にデータを作成しております。

京都競馬場 芝1600m外回り 特徴

1600mのコースは、内回り・外回りの2パターンがあり、外回りは上位クラスで使用される事が多い。

3コーナーにある高低差4.3mの坂が特徴である。スタートからコーナーまでの距離が長い。
向正面から上り、3コーナー途中で一気に下る。この下り坂で勢いをつけ直線に入るので、外に振られて距離ロスしやすく、馬群がバラけやすい。最後の直線は約404mと長めなので、坂も無く平坦だが差しがよく決まる傾向にある。インを突ける器用な馬に注目したい。
また、芝質が軽い事が多く、高速決着になりやすい。スピード・瞬発力に優れた馬が狙い目だ。

京都競馬場 芝1600m外回り 主なレース

・京都金杯(GⅢ)

・シンザン記念(GⅢ)

・マイラーズカップ(GⅡ)

・デイリー杯2歳ステークス(G2)

・マイルチャンピョンシップ(G1)

京都競馬場 芝1600m外回り 基本データ

馬場が渋ると若干硬くなる傾向

人気別回収率

1番人気が勝率20%台と低め

脚質別回収率

逃げ・先行有利

枠番別成績




大差はない

騎手別期待値

上位騎手の複勝率は平均30%超えと優秀

種牡馬別期待値

上位産駒の差はないが平均値が高く優秀

 

複勝率90%越え 本日の鉄板君&編集部の重賞最終見解(無料メルマガ)

AI(人工知能)がデータから導き出す最終見解はこちらから

最新実績
宝塚記念 ◎ノーブルマーズ
複勝 790円
CBC賞 ◎セカンドテーブル
複勝 390円
函館条件 ◎ザベストエバー
複勝 410円

毎週土曜日Youtubeにて穴馬配信中
絶好調競馬AIの重賞データ分析が無料

サンプルデータ

新馬戦の有力馬やプレゼント企画など

お得な情報が配信される公式ライン@はこちらから

おすすめの記事